【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスvsヒューストン・ロケッツ 11月20日結果

日本時間11月20日に行われてたボストン・セルティックス対ヒューストン・ロケッツ戦は、85-109でホームのロケッツが圧勝した。

勝負は第1Qで決したといっても過言ではないだろう。

セルティックスのプアショット、そしてターンオーバーにも助けられ、第1Qだけで18-40とロケッツが大量22点ものリードを奪う。
第3Qにはセルティックスの得点をわずか13に抑えるなど、まさしくロケッツが圧倒した試合となった。

ロケッツでは、オマー・アシックから先発の座を奪ったテレンス・ジョーンズがキャリアハイの24得点、9リバウンド、2ブロックショットと大暴れ。
エースのジェイムス・ハーデンは7ターンオーバーとやや精彩を欠いたが、チーム全体でFG成功率56.9%を記録し、セルティックスをまったく寄せ付けなかった。

16得点を挙げた先発のパトリック・ビバリーは、
「彼(ジョーンズ)は2週間前まで出場機会に恵まれてなかったけど、その間ハードに練習を続けていたんだ。あのハードな練習があったからこそ、今成果を挙げてるんだと思うよ。彼はチームのために懸命にプレイしてくれる。俺たちにエネルギー、爆発力、タフさを与えてくれるし、彼がいるとディフェンスに厚みが出るんだ」
とジョーンズを称賛。

当のジョーンズは、第1Q残り6分46秒までセルティックスをわずか1得点に抑えたことについて、
「俺らは長い時間彼ら(セルティックス)を1点だけに抑え続けた。ボールマンにはしっかりマッチアップしてたし、抜かれたとしてもインサイドにはドワイト・ハワードがいるからね」

「俺はシンプルなプレイを心がけてるんだ。(味方を)ドライブさせるために動いたり、オフェンスリバウンドに絡んだりね」
とコメントした。

また、トレードが噂されているオマー・アシックはこの試合で6分49秒出場し、4得点を挙げるも、3つのファウルを犯している。

一方、成す術なく大敗を喫したセルティックスは、これで4連敗。
現在4勝8敗でイースタン・カンファレンス11位に位置している。

セルティックスのブラッド・スティーブンスHCは、
「こんな試合は見たことがない。我々に普段通りプレイできない何かがあったんだろうね。第1Qが大きく影響したよ」
と振り返った。

  1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ボストン・セルティックス
18 26 13 28 85
ヒューストン・ロケッツ
40 28 20 21 109

ボストン・セルティックス スタッツ

先発メンバー

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー
セルティックスvsロケッツ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA