【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーとシャキール・オニールがタッグでアカデミー賞受賞

ステフィン・カリーとシャキール・オニールがタッグでアカデミー賞受賞

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーとNBAレジェンドのシャキール・オニールは、NBA史に名を残した偉大な選手だ。

そのふたりがタッグを組んで制作に関わった映画が、見事栄冠を勝ち取った模様。

ESPNによると、カリーとオニールがエグゼクティブプロデューサー兼トッププロモーターとして関わった22分間のドキュメンタリー映画「ザ・クイーン・オブ・バスケットボール」が、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したという。

「ザ・クイーン・オブ・バスケットボール」は、アメリカ女子バスケットボール界の先駆者であり、女子選手として初めてNBAドラフトで指名されたルシア・ハリスの人生にフォーカスした短編ドキュメンタリー映画だ。

ハリスは1976年のモントリオールオリンピックにアメリカ代表として出場すると、銀メダル獲得に貢献。

その翌年1997年のNBAドラフト7巡目でニューオーリンズ・ジャズ(現ユタ・ジャズ)から指名されたものの、当時妊娠中だったためNBAデビューは叶わなかった。

オニールはハリスのことをまったく知らなかったが、映画制作を通して深く知ったという。

また、カリーが先日「クイン・ルーシー」と書かれたシューズを履いたことも話題を集めた。

残念ながらハリスは2か月前に他界してしまったが、カリーとオニールのプロモーション活動を通し、多くの人々がハリスの人生に感銘を受けたに違いない。

なお、監督を務めたベン・プラウドフットは「ザ・クイーン・オブ・バスケットボール」のアカデミー賞受賞を受け、以下のように語っている。

女性アスリートの映画に客が集まるのかと疑問を持っている人たち、ストーリーの価値やエンターテインメント、重要性に疑問を持っている人たちがいるなら、このアカデミー賞をその答えにしよう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA