【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがベン・シモンズに「考えを変えてほしい」

ジョエル・エンビードがベン・シモンズに「考えを変えてほしい」

NBAオールスターのベン・シモンズは先日、所属するフィラデルフィア・セブンティシクサーズにトレードを要求した。

シモンズはシクサーズのトレーニングキャンプに参加しないと報じられたが、シモンズはその報道通りトレーニングキャンプ前のメディアデーを欠席。

シクサーズの今後の対処に注目が集まる中、NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードがシモンズの状況に言及した。

エンビードによると、エンビードはもちろんシクサーズのチームメイトたちはシモンズの復帰を望んでいるという。エンビードのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

もちろん彼に戻ってきてほしい。

過去数年間において、彼は僕たちにとって大きな一部だった。

このような状況になったことを残念に思っている。

彼には考えを変えてほしい。

僕は彼と一緒にプレイするのが大好きなんだ。

なぜなら、彼はすごくたくさんのことを僕たちのチームに与えてくれるからね。

このチームは僕たちを中心として構築されてきた。

「僕のチームだ」とは思っていないよ。

そんなことは気にしていないんだ。

エンビードによると、すべてのNBA選手はトレードの噂に対処する術を学ばなければならないという。

もしウォリアーズから電話があり、僕を獲得するためにステフ(・カリー)とクレイ(・トンプソン)をトレード要員にするというなら、シクサーズが「ノー」と答えると思うかい?

僕は「ノー」とは言わない。

シモンズがトレーニングキャンプとレギュラーシーズンゲームを正当な理由なく欠席した場合、シクサーズはシモンズに罰金処分を科すことができる。

シクサーズの球団社長を務めるダリル・モレーは現地27日、「当時も今もトレードは考えていない」とし、シモンズに残留を働きかけることを明かしたが、罰金処分の可能性について質問されると、「彼の契約とNBAの団体交渉協定の中に明確に記載されている」とし、罰金処分を科すことを示唆したという。

泥沼状態となってしまったこのストーリーは、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA