【スポンサーリンク】

リチャード・ジェファーソン「ウォリアーズは最高のバスケットボールブランドだった」

リチャード・ジェファーソン「ウォリアーズは最高のバスケットボールブランドだった」

ケビン・デュラント、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンを擁した時代のゴールデンステイト・ウォリアーズは、まさに無敵状態だった。

NBAを代表するスター選手が揃ったことに嫌悪感を覚え、ウォリアーズを批判するNBAファンは少なくなかったものの、当時のウォリアーズは向かうところ敵なしだったと言えるだろう。

では、デュラント、カイリー・アービング、ジェイムス・ハーデンを擁するブルックリンネッツと当時のウォリアーズを比較した場合、どちらのバスケットボールがより優れているのだろうか?

元NBA選手のリチャード・ジェファーソンによると、当時のウォリアーズは今のネッツを上回るバスケットボールを展開していたという。ジェファーソンのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

最高のバスケットボールブランドは、ドレイ、ステフ、クレイ、KDがいた時のウォリアーズだ。

なぜなら、彼らにはボールムーブメントがあったし、スポットアップシューターたちがいたからね。

クレイ・トンプソンはカイリーやハーデンではない。

だが、クレイの1on1の仕事はミスがない。

プレイスタイルの観点で見ると、ネッツがほんの少し劣っているんじゃないかな。

そう話すジェファーソンだが、カリー、トンプソン、グリーンはすでに何年もチームメイトとしてプレイしていたが、デュラント、アービング、ハーデンはまだ1シーズンしか共に過ごしていない。

また、怪我の影響により3人が揃ってプレイした試合はほとんどなく、ケミストリーを構築するのに十分な時間がなかった。

当時のウォリアーズが素晴らしいバスケットボールを展開していたのは間違いないが、ケミストリーを構築したネッツのバスケットボールにも期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA