【スポンサーリンク】

CJ・マッコラム「デイミアン・リラードが僕に去って欲しいならそう言うだろう」

CJ・マッコラム「デイミアン・リラードが僕に去って欲しいならそう言うだろう」

ポートランド・トレイルブレイザーズのNBAオールスターガード、デイミアン・リラードは先日、チームのディフェンスを改善するためにベン・シモンズをトレードで獲得することを望んでいると報じられた。

シモンズはNBAトップクラスのディフェンダーであるため、シモンズをトレードで獲得するためには少なくともCJ・マッコラムをトレード要員に加えなければならないだろう。

そのため、リラードがマッコラムに見切りを付け、彼らの関係が悪化してしまったのでは?と噂されているが、この件についてマッコラムが語った模様。

マッコラムによると、リラードとは良好な関係を続けているという。マッコラムのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕とデイムは良い関係だよ。

「ソース」や「匿名」と聞くと、デイムが本当に言ったことなのか否かは分からない。

なぜなら、デイムは彼の名前を出して話をするからね。

彼が僕に対してどのような立場にあるのか理解しているし、その逆も然りだ。

組織は彼らにとって最善となることをやらなければならないのさ。

もし彼が僕に去ってほしいと思っているなら、そう言うだろうね。

彼が僕のことを密室で話すことはない。

なぜなら、それは彼のDNAにはないからだ。

彼はそういった人間ではないよ。

ブレイザーズは先日、バスケットボールオペレーション部門代表兼ゼネラルマネージャーを務めていたニール・オルシェイを解雇した。

オルシェイはマッコラムを高く評価しており、マッコラムのトレードには常に反対していたという。

つまり、マッコラムは強力な後ろ盾を失ってしまったことになる。

マッコラムもそれを理解し、ブレイザーズがロスターを再構築する可能性はあると考えているというが、マッコラムにできることは何もない。

トレードが実現するしないに関わらず、マッコラムは目の前の試合だけに集中するだろう。

なお、マッコラムはブレイザーズでの自身の未来について、以下のように語っている。

それは他の人に聞いてくれ。

僕は自分の仕事をするだけだ。

仕事のためにここに来て、自分の仕事をするだけだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA