【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス マイケル・ジョーダンを睨みつけたことを否定

日本時間27日に行われたマイアミ・ヒート対シャーロット・ボブキャッツ戦の第3Q、ボールを奪ったレブロン・ジェイムスは、ボブキャッツのベンチを睨みつけながらダンクを決めていたようにも見えた。

ジェイムスが見つめる先にはマイケル・ジョーダンの姿があり、ジェイムスがジョーダンを挑発しているようにも感じられる。

試合後、そのシーンについて質問されたジェイムスは、次のようにコメント。

「いやいや。その話題は広げないでくれ。本当に(ジョーダンを)睨んでなんかいないんだ。本当に。(ジョッシュ・)マクロバーツが後ろから追っかけてきてたから、それを確認しただけ。間違いなくMJは見てないよ」

恐らくジョーダンを見ていないというジェイムスの発言は真実だろう。

だが、ボブキャッツを刺激したことには違いない。

なお、このシリーズはヒートが3勝0敗でリードしている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA