【スポンサーリンク】

マイケル・ジョーダン ドナルド・スターリンの人種差別発言について言及

ロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリンの人種差別発言が大きな波紋を呼んでいる。

アシア諸国を訪問中のバラク・オバマ大統領も「人種差別は徹底的に排除していく」と発言するなど、アメリカ中を巻き込んだ問題となっているようだ。

スターリンの発言が公表された当初、シャーロット・ボブキャッツのオーナー、マイケル・ジョーダンは、同じオーナーという立場からコメントを控えていた。

だが、そのジョーダンがついに問題の発言に対してついに言及。

次のように厳しくコメントしている。

「オーナー、そして元NBAプレイヤーとしてこの問題を見ているが、同じNBAチームのオーナーとして嫌悪感を覚えるね。徹底的に調査して、アダム・シルバーが迅速に対処してくれると信じてるよ」

「元NBAプレイヤーとしては、本当に怒りを覚える。NBAに彼(スターリン)の居場所はない。NBAだけでなく、他の場所でもね。この種の考えが我々の国、そしてスポーツにまだ存在しているということに愕然とするね。NBAの大多数はアフリカ系アメリカ人なんだから、そのような差別を大目に見るなんてことはできないし、大目に見てはいけないんだ」

一方、過激な発言で知られるダラス・マーベリックスのオーナー、マーク・キューバンは、自身のTwitterで次のようなコメントをアップしている。

「今はプレイオフ。そのことについて話すことは何もない。我々のマブスには関係ないしね。レッツゴ、マブス!」

スターリンの発言に対して、他のオーナーはまだコメントしていない。

同じオーナーの立場にあるジョーダンが最初に発言したわけだが、ジョーダンの勇気ある発言は称賛されるべきだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA