【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス「カイリー・アービングはリーダーじゃない」

ブルックリン・ネッツはオールスターポイントガードのカイリー・アービングが復帰したものの、ユタ・ジャズとフィラデルフィア・セブンティシクサーズに二桁点差で敗れ、2連敗を喫した。

シクサーズに敗れた後、アービングは「ベストチームと競うにはあと1つか2つピースが必要」と発言。

これを受け、アービングのリーダーシップが再び話題になっている。

一方、元NBAプレイヤーであり、現在はアナリストとして活動しているケンドリック・パーキンスは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「彼はリーダーじゃない。みんながなぜ(アービングの発言に)驚いてるのか、俺には分からないね。彼は昨季、リーダーじゃないことを示したじゃないか」

アービングはボストン・セルティックスでプレイした昨季、リーダーシップを発揮することができなかった。

自身もそれを認め、リーダーとしての難しさを口にしていたが、今季もそれは続くのだろうか。

ネッツは今後、ミルウォーキー・バックス、シクサーズ、ロサンゼルス・レイカーズとタフなゲームを予定している。

この時期を乗り越えるべく、アービングにはリーダーシップを発揮してもらいたいところだ。

なお、今季のアービングは14試合に出場し、平均32.9分のプレイで27.2得点(キャリアハイ)、5.3リバウンド(キャリアハイ)、6.9アシスト(キャリアハイタイ)、1.2スティール、FG成功率46.2%、3P成功率36.4%を記録。

キャリアを通してクリーブランド・キャバリアーズ、セルティックス、ネッツでレギュラーシーズン通算522試合に出場し、平均33.8分のプレイで22.4得点、3.7リバウンド、5.7アシスト、1.3スティール、FG成功率46.5%、3P成功率38.9%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA