【スポンサーリンク】

ネッツ デロン・ウィリアムスのトレードを検討か?

数年前までクリス・ポールと並ぶNBAトップポイントガードとして君臨していたデロン・ウィリアムスだが、ここ数年は足首の負傷に悩まされ続けている。

ブルックリン・ネッツとの契約はまだ3年残っているものの、このオフにも足首の手術を受けると言われており、来季のプレイにも不安を残している。

そのウィリアムスに対し、ネッツはひとつの決断を下すかもしれない。

情報筋によると、プレイオフ敗退が決まった後、ネッツはウィリアムスのトレードを検討し始めたという。

昨年12月、ヒューストン・ロケッツはウィリアムスの獲得を狙っていたため、このオフに再び獲得を狙う可能性がある。

ポール・ピアースやケビン・ガーネットらベテランを多く揃えるネッツが来季にでもNBAタイトル獲得を狙うなら、ウィリアムスの完全復活が不可欠だ。

一方、長期的観点からすると、ウィリアムスをトレードし、若く将来性有望な選手を獲得すべきだろう。

どちらにしろ、この夏にネッツは重要な決断を下さなければならない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA