【スポンサーリンク】

2014 FA選手TOP21~25

2014年の夏には、多くのNBA選手がFA権を取得できる。

FAとなり得るNBA選手TOP21~25を以下で2013-14シーズンのスタッツとともに見てみよう。

エバン・ターナー(IND)

シーズン途中にフィラデルフィア・セブンティシクサーズからインディアナ・ペイサーズへ移籍するも、ペイサーズでは期待通りの活躍を見せられていない。

コストカットのためにも他チームへ移籍する可能性が高いと噂されている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
30.314.05.03.242.532.181.3-4.7

スペンサー・ホーズ(CLE)

シーズン途中にフィラデルフィア・セブンティシクサーズからクリーヴランド・キャバリアーズへ移籍。

ローテーションを狙えるセンターとして注目度は高い。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
30.913.28.33.045.641.678.3-6.0

ショーン・マリオン(DAL)

かつてのような身体能力は見せられなくなってしまったものの、ディフェンス力はNBAトップクラス。

ダラス・マーベリックスではディフェンスで中心的役割を担っている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
31.710.46.51.648.235.878.5-1.8

ショーン・リビングストン(BKN)

デロン・ウィリアムスが負傷欠場中は先発ポイントガードとしてプレイ。

ウィリアムスよりスマートなプレイを見せることもあり、来季もブルックリン・ネッツでプレイすると見られている。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
26.08.33.23.248.316.782.70.8

ビンス・カーター(TOR)

衰え知らずのベテランスタープレイヤー。

今季のプレイオフでは劇的なブザービーターを決めるなど、そのオフェンス力は健在だ。

MINPTSREBASTFG%3FG%FT%+/-
24.411.93.52.640.739.482.12.1

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA