【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「ラッセル・ウェストブルックは正しい」

ドワイト・ハワード「ラッセル・ウェストブルックは正しい」

ロサンゼルス・レイカーズがデンバー・ナゲッツに大敗した後、NBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックは「ハードにプレイしなければならない」、「ディフェンスでもっと良い仕事をしなければならない」などと苦言を呈した。

ここ数試合のレイカーズは特にディフェンスが崩壊しており、若手中心のチームに好き放題やられてしまっている。

ウェストブルックはチームの努力不足を懸念しているというが、元NBAオールスターセンターのドワイト・ハワードも同じ考えなのかもしれない。

ハワードはナゲッツ戦を終えた後、レイカーズについて次のように指摘したという。silverscreenandroll.comが伝えている。

ラスは正しい。

僕たちはもっと良い仕事をし続けなければならない。

この件について僕から言えることはあまりない。

なぜなら、僕たちはシーズンを通して同じことを言っているからね。

だからもう言いたくないし、言い続けるべきではないと思う。

ただ、ラスは正しいと思うよ。

「もっと良いディフェンスをしなければならない」という話は、もうすべきではない。

僕たち全員がそれについて聞き飽きたと感じなければならない。

変化を起こさなければならないんだ。

殿堂入りとか、そういったことを話題にすべきではない。

僕たちがどれほど勝利を求めているかが重要であり、一貫したプレイをしなければならない。

シーズンを通してディフェンスが一貫していない。

この状況を変えるために、なんとしてでも方法を見つけなければならない。

それができなければ2試合かなり良いプレイをし、4試合ひどいディフェンスをするようなことが続くだろう。

ハワードによると、レイカーズの選手たちはまずメンタルから変えなければならないという。

おそらくレイカーズの全員がウェストブルックやハワードと同じ考えを持っているだろう。

ディフェンス面についてはアンソニー・デイビス復帰後に改善を期待したいが、NBAタイトルを狙うためにはデイビス抜きでも優れたディフェンスを展開したいところだ。

果たしてレイカーズはNBAチャンピオンシーズンのようなディフェンスを取り戻せるのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA