【スポンサーリンク】

オースティン・リバース「ウォリアーズにうんざりしている」

オースティン・リバース「ウォリアーズにうんざりしている」

ゴールデンステイト・ウォリアーズは5シーズン連続でNBAファイナルに進出した後、2シーズン連続でNBAプレイオフ進出を逃すなど、浮き沈みの激しい時間を送っていた。

だが、今季はステフィン・カリーを中心とし、NBAタイトル奪還が期待できる戦いを続けている。

NBA屈指のシューターであるクレイ・トンプソンが復帰すれば、ウォリアーズはますます王朝時代を彷彿とさせるパフォーマンスを見せてくれるだろう。

だが、ウォリアーズが王朝時代のような圧倒的な強さを取り戻すのを嫌っているNBA選手は少なくないのかもしれない。

デンバー・ナゲッツのオースティン・リバースは、ウォリアーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

今のゴールデンステイトはすごくソリッドだ。

見たくない。

少しも好きではない。

僕はあのチームにうんざりしている。

彼らは若いタレントとベテランたちがミックスしたチームさ。

(アンドリュー・)ウィギンスがウォリアーズと初めて契約した時、多くのウォリアーズファンは賛同しなかったよね。

昨季は「彼をトレードしろ」と話していたのに、今は皆が彼のことを高らかに語っているんだ。

ナゲッツがNBAファイナルに進出するためには、ウォリアーズを倒さなければならないだろう。

カリーとドレイモンド・グリーン、トンプソンだけのチームではなくなったウォリアーズは、ナゲッツはもちろん他のNBAチームにとっても脅威の存在であるのは間違いない。

ヒューストン・ロケッツ時代にことごとくウォリアーズに道を阻まれたリバースにとって、ウォリアーズは目の上のたんこぶ以外の何ものでもないのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA