【スポンサーリンク】

アンドリュー・ボガットがクレイ・トンプソンとのオリンピックでのエピソードを明かす

アンドリュー・ボガットがクレイ・トンプソンとのオリンピックでのエピソードを明かす

2シーズン全休を余儀なくされたゴールデンステイト・ウォリアーズのクレイ・トンプソンが、いよいよNBAゲームに復帰する。

トンプソンはクリーブランド・キャバリアーズとのホームゲームでスターターとして復帰する見込みであり、この日はウォリアーズファンはもちろんNBAにとっても特別な日になるのは間違いないだろう。

そんな中、かつてのチームメイトであるアンドリュー・ボガットがトンプソンとのエピソードを明かした模様。

ボガットはオーストラリア代表として出場した2016年のリオデジャネイロオリンピックを振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

2016年のオリンピックでのことを覚えている。

僕たちは同じ選手村に滞在していた。

知っての通り、チームUSAはあまりにもビッグネームだから、大型クルーザーか何かに宿泊していたんだ。

ある日、僕たちが練習を終えて選手村に戻ろうとしていた時、クレイが歩いているのがバスの中から見えた。

チームUSAのギアを着た彼は、ヘッドホンをしてひとりで歩いていた。

だから僕はバスを飛び降り、「クレイ、何してるんだ?」と挨拶すると、彼は「やあ、ただ選手村を見てみたかっただけさ」と返してきた。

彼はひとりで来たんだ。

セキュリティもいなかったし、他の選手もいなかった。

彼が「どこに向かっているんだい?」と聞いてきたから、「オーストラリアの宿舎に戻るところさ」と答えると、彼は「一緒に行ってもいい?」ときた。

もちろん答えは「構わないよ」さ。

彼は僕たちと一緒に宿舎に来て、オーストラリアの選手たちとぶらぶらしていた。

彼はアーロン・ベインズやブロック・マタムと知り合いだからね。

それからあっという間に2~3時間が過ぎ、僕は彼がすでに帰ったものと思っていた。

だが、夕食のために下の階に降りたら、彼はオーストラリアのアスリートたちと卓球をして楽しんでいたんだ。

トンプソンは誰とでもフランクに接するNBA選手であり、インスタライブなどを通してファンと積極的に交流している。

長期離脱中も決して落胆せず、船でクルージングを楽しむなど充実したプライベートを過ごしたトンプソン。

待望のNBA復帰戦もファンと共に楽しみ、喜びを分かち合うに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA