【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンがエージェント変更を決断

ザック・ラビーンがエージェント変更を決断

NBAオールスターのザック・ラビーンは先日、クラッチスポーツ社とエージェント契約を結ぶ見込みであると報じられた。

事実か否かは定かではなかったが、少なくともこれまでのエージェントとは決別した模様。

nbcsports.comによると、ラビーンはエージェント契約を結んでいたBDAスポーツ社、およびイノベートスポーツ社との契約を解消したという。

気になる次のエージェントだが、ラビーンはレブロン・ジェイムスやアンソニー・デイビス、ドレイモンド・グリーン、ベン・シモンズ、ジョン・ウォール、ロンゾ・ボールなどそうそうたるNBAスターを顧客に抱えるクラッチスポーツ社と契約すると報じられている。

ラビーンは2018年にブルズと4年7800万ドルの契約を結んだ。

来季が契約最終年であり、来年夏には契約交渉を控えているため、このタイミングでエージェント変更を決断したと見られている。

リッチ・ポールとクラッチスポーツ社はナーレンズ・ノエルから訴えられ、難しい局面を迎えているものの、ラビーンにとっては心強い味方となるだろう。

なお、ラビーンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2020-21NBAキャリア
出場試合数58411
平均出場時間35.131.4
平均得点27.4
(キャリアハイ)
19.1
平均リバウンド5.0
(キャリアハイ)
3.8
平均アシスト4.9
(キャリアハイ)
3.8
平均スティール0.80.9
平均ターンオーバー3.52.7
FG成功率50.7%
(キャリアハイ)
45.8%
3P成功率41.9%
(キャリアハイ)
38.5%
フリースロー成功率84.9%
(キャリアハイ)
82.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA