【スポンサーリンク】

ジェイソン・テイタム「次戦に向けての準備がすべて」

ジェイソン・テイタム「次戦に向けての準備がすべて」

ボストン・セルティックスはゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAファイナル第1戦を制し、悲願のNBAチャンピオンに向けて最高のスタートを切った。

第1戦はアル・ホーフォード、デリック・ホワイト、マーカス・スマートを中心に3ポイント攻勢を仕掛け、劇的な逆転勝利を飾ったセルティックス。

だが、NBAオールスターフォワードのジェイソン・テイタムは13アシストを記録したものの12得点、FG成功率17.6%、3P成功率20.0%とリズムを掴むことができなかった。

しかし、テイタムによると、過去の経験があるからこそ第2戦に向けて集中することができているという。テイタムのコメントをESPNが伝えている。

前に経験があれば、どのように対処すればいいのか分かる。

僕はNBAでシューティングがひどい試合が何度かあった。

だから、「前にもこんなことがあったな」という感じさ。

次の試合で何をすべきかは分かっている。

重要なのはメンタルじゃないかな。

悪いことを意識に入れないようにしなければならない。

前の試合でのことは今さらどうすることもできないんだ。

僕はショットを外した。

そういうことだ。

次の試合に向けてどう準備するかが重要なのさ。

僕がもっと良いプレイをしなければならないのは間違いない。

毎試合あのようなシュートではダメだ。

シューティングの面でもっと良いプレイをしなければならない。

だが、いろんな方法でゲームにインパクトを与え、勝利につなげたい。

僕はこれからもそうやっていく。

試合を読み、プレイを読む。

それが僕の次戦へのアプローチだ。

テイタムはNBAプレイオフの各シリーズでシュートが不調だった試合がある。

ブルックリン・ネッツとのファーストラウンド第2戦では19得点、ミルウォーキー・バックスとのカンファレンスセミファイナル第3戦では10得点、マイアミ・ヒートとのカンファレンスファイナル第3戦では10得点とどまった。

だが、その次の試合は39得点、30得点、31得点と見事にバウンスバックしている。

ウォリアーズとのNBAファイナル第2戦でもバウンスバックし、セルティックスを勝利に導くシューティングを見せてくれるだろう。

なお、テイタムのNBAファイナル第1戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦
出場時間41:35
得点12
リバウンド5
アシスト13
スティール1
ブロックショット0
ターンオーバー2
FG成功率17.6%
(3/17)
3P成功率20.0%
(1/5)
フリースロー成功率71.4%
(5/7)
+/-+16

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA