【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「このチャレンジをすごく気に入っている」

レブロン・ジェイムス「このチャレンジをすごく気に入っている」

ロサンゼルス・レイカーズは現地28日にデトロイト・ピストンズを下し、勝率を5割に戻した。

この日のレイカーズはタフなディフェンスを見せ、一時は二桁のリードを奪取。

第4Q終盤にピストンズに追い上げられてしまったものの、連敗は回避した。

今季のレイカーズはNBAオールスタークラスの選手を集めたものの、トレバー・アリーザとケンドリック・ナンがまだシーズンデビューできておらず、レブロン・ジェイムスなど主力選手たちの負傷離脱も相次いだ。

だが、4度のNBAチャンピオンを誇るジェイムスによると、そういったチャレンジを楽しんでいるという。ジェイムスのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

僕がキャリアを通して経験したチャレンジの中で、今回は最高ランクだ。

僕はそれをすごく気に入っている。

どうすれば僕たちはもっと良くなれるのか、泥を抜け出し、逆境を乗り越え、最後に良い結果を得られるのか。

そういったことを考えるのがすごく好きなんだ。

僕たちがどんなチームになれるのかという点については、まだ表面すらなぞっていないと思う。

互いを学び続け、オフェンスとディフェンスのシステムを構築していくことにより、僕たちはどんどん良くなっていくだろう。

プレシーズンとトレーニングキャンプの時にも言ったが、新顔が9人いる。

時間はかかるよ。

負けたくないのは間違いない。

負けるとイライラする。

サクラメントに敗れた時はすごく腹が立った。

今日はゲームプランに専念し、ミスから学び、改善することを心掛けたんだ。

レイカーズはピストンズに勝利したものの、ピストンズが若手中心に再建中のNBAチームであり、現在4勝16敗と低迷していることを忘れてはならない。

とはいえ、レイカーズの選手たちはこの日の勝利を自信につなげ、チームとしてステップアップするに違いない。

なお、ピストンズ戦のジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックのスタッツは以下の通りとなっている。

L・ジェイムスA・デイビスR・ウェストブルック
出場時間37:2437:4136:35
得点332425
リバウンド5106
アシスト929
スティール221
ブロックショット130
ターンオーバー213
FG成功率60.0%
(12/20)
66.7%
(10/15)
62.5%
(10/16)
3P成功率44.4%
(4/9)
100%
(2/2)
33.3%
(1/3)
フリースロー成功率62.5%
(5/8)
66.7%
(2/3)
50.0%
(4/8)
+/-+14+4+4

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA