【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「シュートが決まらなかっただけ」

レブロン・ジェイムス「シュートが決まらなかっただけ」

ロサンゼルス・レイカーズは現地9日にヒューストン・ロケッツに敗れ、NBAオールスターブレイク以降の成績を1勝6敗とした。

NBAオールスターのレブロン・ジェイムスが復帰したにもかかわらず、ウェスタン・カンファレンス最下位のロケッツに敗れたのは相当なダメージとなるだろう。

リーダーのジェイムスも敗戦の責任を感じている模様。

ジェイムスはロケッツ戦を終えた後、自身のパフォーマンスについて次のように振り返ったという。fadeawayworld.netが伝えている。

シーズンを通して決めてきたショットをたくさんミスしてしまった。

明らかにたくさんの3ポイントがショート、もしくは右にずれてしまった。

どれも良い感じだったし、悪くないショットだったと思う。

ただ外れてしまっただけだ。

僕はこれまでのように効率的なプレイができなかったし、その点については気に入らない。

僕はそれにプライドを持っているんだ。

金曜日はもっと良いプレイをするよ。

この日のジェイムスはトリプルダブルを記録したものの、FG成功率34.6%、3P成功率11.1%、ターンオーバー5と精彩を欠いた。

レイカーズが次に対戦するのは、元レイカーのカイル・クーズマとケンテイビアス・コールドウェル・ポープ擁するワシントン・ウィザーズ。

果たしてレイカーズはサイズがあるウィザーズに勝利し、負の連鎖を断ち切ることができるだろうか?

なお、この日のジェイムスのスタッツは以下の通りとなっている。

ロケッツ戦
出場時間45:16
得点23
リバウンド14
アシスト12
スティール1
ブロックショット4
ターンオーバー5
FG成功率34.6%
(9/26)
3P成功率11.1%
(1/9)
フリースロー成功率66.7%
(4/6)
+/--17

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA