【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「NBAではフィットとチャンスがすべて」

カイル・クーズマ「NBAではフィットとチャンスがすべて」

オフシーズン中のトレードでロサンゼルス・レイカーズからワシントン・ウィザーズに移籍したカイル・クーズマは、素晴らしいパフォーマンスでチームを牽引している。

現地3日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦では試合終盤に3ポイントを3本成功させ、ウィザーズの勝利に貢献したクーズマ。

クーズマは昨季と異なりクラッチタイムで力強いパフォーマンスを見せ、ウィザーズファンからの信頼を勝ち取りつつあるようだが、クーズマによると、ウィザーズの環境に大きな要因があるという。

クーズマはウィザーズについて次のようにコメント。washingtonpost.comが伝えている。

正直に話すと、僕はただアグレッシブにプレイしているだけだ。

チャンスがあればリムに向かって行ったり、オープンスリーを撃ったりしている。

ここワシントンは僕にとって素晴らしい状況なんだ。

コーチたちは僕を信頼してくれているし、チームメイトたちも僕を信頼してくれている。

本当に楽しいよ。

このリーグではフィットすることとチャンスを手にすることがすべてさ。

レイカーズ時代のクーズマは安定したパフォーマンスを見せることができず、チームメイトやコーチたちからはサポートされたものの、レイカーズファンからは「クーズをトレードしろ!」など罵声を浴びせられた。

それゆえにウィザーズでのプレイは楽しくて仕方がないのだろう。

クーズマの次の課題はディフェンスであり、もしディフェンスをさらに改善することができれば、クーズマはウィザーズを代表する選手のひとりとして長く活躍するに違いない。

なお、クーズマの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数35311
平均出場時間32.730.0
平均得点14.515.2
平均リバウンド8.3
(キャリアハイ)
5.9
平均アシスト2.9
(キャリアハイ)
2.0
平均スティール0.6
(キャリアハイタイ)
0.6
平均ターンオーバー1.91.7
FG成功率44.0%44.7%
3P成功率33.8%33.8%
フリースロー成功率66.7%
(キャリアワースト)
72.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA