【スポンサーリンク】

マリク・モンクがクローザーの役割について「どのNBAチームにいてもできる」

マリク・モンクがクローザーの役割について「どのNBAチームにいてもできる」

ロサンゼルス・レイカーズのマリク・モンクは、現在5試合連続で先発出場している。

現地4日に行われたサクラメント・キングス戦では6本の3ポイントを含む24得点を記録するなど、NBAオールスターのレブロン・ジェイムスに次ぐスコアラーとして台頭しつつあるモンク。

ここ最近の試合ではメインのボールハンドラーとなり、ジェイムスとピック&ロールで攻めるシーンも増えているように思えるが、モンクによると、クローザーの役割をこなす準備はできているという。

モンクはクローザーの役割について次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

僕はどのチームにいたとしても、その役割をこなすことができる。

常にそう考えているんだ。

その時の準備はできている。

まだ数人の選手が離脱しているが、彼らが復帰しても僕は準備できているし、自分の力を提供するだろう。

昨季までのモンクはシックスマンとしてプレイし、スターターとして出場したのはNBAキャリアを通して1試合のみだった。

だが、レイカーズでスターターに抜擢されたモンクは新たな役割に決して臆することなく、素晴らしいパフォーマンスでチームを牽引している。

今季のレイカーズは期待に応えることができない日々が続いているが、モンクの成長は間違いなくレイカーズにポジティブな影響をもたらすだろう。

なお、モンクの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数34267
平均出場時間25.618.8
平均得点11.69.5
平均リバウンド2.82.1
平均アシスト2.2
(キャリアハイ)
1.8
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
0.5
平均ターンオーバー1.31.2
FG成功率47.7%
(キャリアハイ)
41.3%
3P成功率38.4%34.6%
フリースロー成功率84.4%84.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA