【スポンサーリンク】

Gリーグ参加のランス・スティーブンソン「NBAリングを手にしたい」

Gリーグ参加のランス・スティーブンソン「NBAリングを手にしたい」

元NBA選手のランス・スティーブンソンは先日、デンバー・ナゲッツ傘下のGリーグチームであるグランドラピッズ・ゴールドに入団した。

NBAから長く遠ざかっていたスティーブンソンにとって、GリーグはNBA復帰に向けた大きなチャンスとなるだろう。

そのスティーブンソンが、自身について言及した模様。

スティーブンソンによると、バスケットボールキャリアを終える前にNBAチャンピオンになることを夢見ているという。スティーブンソンのコメントをsportandoが伝えている。

気分は最高さ。

ようやくソファを離れてプレイできることを嬉しく思っている。

すごく興奮している。

身体の状態はものすごく良い。

歳をとったような感じはない。

まだ若手のような感じだ。

だから、まだ数年はプレイできると思っているよ。

可能な限り最高の選手になることをモチベーションにしている。

最高の状態を保ち、チームのリーダーのひとりになる。

若手たちを助け、楽しみながら試合に勝ち、リングを獲得する。

引退する前にNBAリングを手にしたいね。

インディアナ・ペイサーズに所属したNBAキャリア序盤は素晴らしいパフォーマンスを見せ、NBAスターへの成長が期待されたスティーブンソン。

だが、ペイサーズを離れて以降は十分なパフォーマンスを見せることができず、ロサンゼルス・レイカーズの一員としてプレイした2018-19シーズンを最後にNBAを離れることになってしまった。

だが、もしGリーグで十分な数字を残すことができれば、ナゲッツにコールアップされる可能性は十分にある。

果たしてスティーブンソンはNBAに復帰し、悲願のチャンピオンリングを手にすることができるだろうか?

なお、スティーブンソンのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームインディアナ・ペイサーズ
シャーロット・ホーネッツ
ロサンゼルス・クリッパーズ
メンフィス・グリズリーズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ロサンゼルス・レイカーズ
出場試合数508
平均出場時間23.4
平均得点8.6
平均リバウンド4.2
平均アシスト2.9
平均スティール0.7
平均ターンオーバー1.6
FG成功率44.4%
3P成功率31.5%
フリースロー成功率68.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA