【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「レイカーズの未来はもっと良くなる」

ドワイト・ハワード「レイカーズの未来はもっと良くなる」

NBAプレイオフ進出を逃したロサンゼルス・レイカーズは、この夏にロスターを再編すると見られている。

今季は全盛期を過ぎたベテラン選手では勝てないことが明らかになったと言っても過言ではないため、レイカーズは若さとエネルギーに満ちた選手獲得も狙うだろう。

そんな中、元NBAオールスターセンターのドワイト・ハワードがレイカーズに言及した模様。

ハワードによると、来季のレイカーズは成功することができるという。

ハワードは自身とレイカーズについて次のようにコメント。lakersnation.comが伝えている。

僕自身もっとうまくやれたと思っている。

改善しなければならない部分、どんなポジションでもチームメイトたちを助けるためにやれたこと。

オン・ザ・コートでもオフ・ザ・コートでも、何でも構わない。

自分自身を見つめ直し、このチームが今季成功するために何ができたのかを考えている。

僕個人としてはもっとやれると思っているし、(コートに出る)機会があればもっとたくさんのものをもたらせると思っている。

だが、ここに来てプレイするチャンスをもらえたことに感謝しているよ。

僕たちが望んでいた、期待していた結果ではなかった。

それは分かっている。

だが、今季を振り返ってみると、感謝すべきこともたくさんあった。

今季最終戦は本当に良いエネルギーがあったんじゃないかな。

今季最終戦でチャンピオンシップを争えないことは分かっていた。

だが、最終戦のバイブスとエネルギーは、すごくポジティブだった。

今季が失意のシーズンだったことを考えると、このチームの未来はもっと良くなるだろうね。

ハワードは来季もレイカーズのユニフォームを着てプレイすることを望んでいるという。

ハワードの出場機会は決して十分ではなかった。

だが、コートサイドで常にファンとチームメイトたちを盛り上げ、鼓舞し続けた姿勢は称賛されるべきだろう。

果たしてレイカーズはハワードに再契約をオファーするのだろうか?

なお、ハワードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数601242
平均出場時間16.231.8
平均得点6.2
(キャリアワースト)
15.7
平均リバウンド5.9
(キャリアワースト)
11.8
平均アシスト0.61.3
平均スティール0.60.9
平均ブロックショット0.6
(キャリアワースト)
1.8
平均ターンオーバー0.82.7
FG成功率61.2%58.7%
3P成功率53.3%
(キャリアハイ)
21.4%
フリースロー成功率65.8%56.7%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    来シーズンもロートルガチャと無名若手ガチャで乗り切るのか。

*

CAPTCHA