【スポンサーリンク】

レイカーズのトレード候補5選手とは?

レイカーズのトレード候補5選手とは?

ロサンゼルス・レイカーズはNBAタイトル奪還に向けて体制を整え直すため、現地10日のトレード期限までにロスターを再編すると見られている。

レイカーズはテイレン・ホートン・タッカーとケンドリック・ナン、NBAドラフト指名権をトレードパッケージとし、即戦力になれる選手の獲得を狙っているというが、レイカーズはベテラン選手たちもトレード要員として見ているのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、レイカーズはホートン・タッカー、ケンドリック・ナン、ドワイト・ハワード、ケント・ベイズモア、ディアンドレ・ジョーダンをトレード要員として見ているという。

シャーロット・ホーネッツやトロント・ラプターズ、ミルウォーキー・バックスのようにビッグマンを必要としているNBAチームもあり、そのようなチームにとって特に元NBAオールスターセンターのハワードは興味を引くオプションになるだろう。

とはいえ、それらのNBAチームが即戦力を手放すとは考えにくい。

一方、レイカーズはラッセル・ウェストブルックをトレードで放出することは計画していないため、ポイントガードではなく3&Dの選手獲得を優先すると見られている。

果たしてレイカーズはロスターの再構築に成功し、NBAタイトルコンテンダーの力を取り戻すことができるのだろうか?

なお、レイカーズはラプターズのゲイリー・トレントJrやインディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナー、デトロイト・ピストンズのジェラミ・グラント、オーランド・マジックのテレンス・ロス、サクラメント・キングスのバティ・ヒールド、ヒューストン・ロケッツのエリック・ゴードンなどに関心を持っていると噂されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA