【スポンサーリンク】

ビリー・ドノバンHCがフレイグラントファウルのグレイソン・アレンを糾弾

ビリー・ドノバンHCがフレイグラントファウルのグレイソン・アレンを糾弾

現地21日に行われたシカゴ・ブルズ対ミルウォーキー・バックス戦で、グレイソン・アレンがアレックス・カルーソにハードファウルを仕掛け、フレイグラントファウル2で一発退場する場面があった。

カルーソがレイアップもしくはダンクを狙ってジャンプしたところ、アレンはカルーソの腕を掴んでコートに叩き落とすと、カルーソの身体はは激しい衝撃でバウンドした。

https://www.youtube.com/watch?v=zaz7E25j2fQ

バスケットボールとはまったく関係ないこの行為に、ブルズを指揮するビリー・ドノバンHCも怒りを抑えられなかった模様。

ドノバンHCは試合後、アレンのダーティープレイについて次のように糾弾したという。larrybrownsports.comが伝えている。

ひどい行為だ。

本当に、本当にひどい行為だ。

空中にいたアレックスがあのような形で叩き落された。

彼のキャリアが終わっていたかもしれない。

彼(アレン)にはその歴史がある。

本当に危険な行為だった。

リーグにはチェックしてもらいたい。

なぜなら、彼は本当に重傷を負っていたかもしれないからね。

本当に、本当に危険だ。

アレンは大学時代からダーティープレイヤーとして知られており、故意に足を出して相手を転倒させるなど、数々の危険な行為に及んできた。

ドノバンHCが指摘したように、今回のダーティープレイはカルーソのNBAキャリアを終わらせていた可能性もある。

このような行為が二度とないように、NBAには適切な対処を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    サマーリーグでラフプレー連発から即退場した時から「さっさとリーグから消えてくれ」って思ってる

    ハードワーカーとラフプレー上等は違うんだからリーグも厳罰で処してくれ

  2. By 匿名

    そこまで危なくないプレーだったけどな

  3. By 匿名

    未だにリーグに居るのが信じられない

  4. By 匿名

    グレイソンの存在そのものが暴力なのかもしれない

  5. By 匿名

    アレンに追放処分を

*

CAPTCHA