【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボールがNBAの健康と安全プロトコルで離脱しない理由とは?

ロンゾ・ボールがNBAの健康と安全プロトコルで離脱しない理由とは?

シカゴ・ブルズはデマー・デローザンやザック・ラビーン、ジャボンテ・グリーンなど多くの主力選手たちが離脱し、2試合の延期を強いられた。

デローザンなど数選手はようやく復帰したものの、ブルズがNBAの健康と安全プロトコルにより大きな影響を受けたチームのひとつであるのは間違いないだろう。

だが、先発ポイントガードのロンゾ・ボールは何の影響も受けず、常にコートに立ち続けている。

では、なぜボールはNBAの健康と安全プロトコルにより離脱するのを免れているのだろうか?

NBCSChicagoの記者によると、ボールはNBAの健康と安全プロトコルに置かれない理由について、「ただプレイし、家に帰るだけだ。他にはほとんど何もしていない」と語ったという。

NBA屈指のプレイメイカーであり、ディフェンダーであり、今季はNBAキャリアハイとなる3P成功率41.9%を記録しているボールまで離脱すれば、ブルズが窮地に追いやられていたのは間違いないだろう。

ボールは誰よりもそれを自覚し、プライベートの行動も管理しているのかもしれない。

なお、ブルズは現在19勝10敗でイースタン・カンファレンス2位につけている。

ボールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数29246
平均出場時間35.632.5
平均得点13.211.9
平均リバウンド5.45.7
平均アシスト5.0
(キャリアワースト)
6.2
平均スティール1.8
(キャリアハイ)
1.5
平均ブロックショット1.0
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー2.42.5
FG成功率41.8%
(キャリアハイ)
39.9%
3P成功率41.9%
(キャリアハイ)
36.2%
フリースロー成功率77.3%57.7%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    いっつも眠そうな顔してる上にホンマにあの親父の子供なんか?って疑うぐらい穏やかな性格のロンゾ
    今の御時世だからなるべく出歩かないようにしてるのか、はたまた元からそんなに出歩かないのか
    いずれにしてもブルズファンは応援している

*

CAPTCHA