【スポンサーリンク】

キレたケビン・ポーターJrがハーフタイム中に帰宅

キレたケビン・ポーターJrがハーフタイム中に帰宅

現地1日に行われたデンバー・ナゲッツ対ヒューストン・ロケッツ戦は、前半だけで77得点を記録したナゲッツが快勝した。

ロケッツはナゲッツに第2Qだけで47点を献上し、力の差をまざまざと見せつけられてしまったが、短気な性格で知られるケビン・ポーターJrがコーチからの叱責に怒り、ハーフタイム中に自宅に帰ってしまった模様。

nbcsports.comによると、アシスタントコーチのジョン・ルーカスがハーフタイム中にポーターJrとクリスチャン・ウッドを含む数選手の努力不足を激しく叱責すると、キレたポーターJrは物を投げ、そのまま車で自宅に帰ってしまったという。

また、ウッドは後半をプレイすることを拒否したと報じられているが、ロケッツを指揮するスティーブン・サイラスHCは「コーチの判断」でプレイさせなかったとしている。

なお、ウッドは先日、NBAが義務付けている検査を怠ったため、ナゲッツ戦はスターティングラインアップから外された。

気になるのはハーフタイム中にも関わらず帰宅してしまったポーターJrだろう。

ポーターJrはクリーブランド・キャバリアーズ時代に問題を起こし、戦力外通知を受けた過去がある。

その後ロケッツがポーターJrを獲得し、ポーターJrは「ロケッツが拾ってくれた。感謝している」と語っていた。

ロケッツは試合後にポーターJrに連絡し、ポーターJrは自身の言動を謝罪したというが、ロケッツはおそらくポーターJrとウッドに何かしらの処分を科すことになるだろう。

ポーターJrがNBAで生き残るためには、激しすぎる感情のコントロール方法を身に付けなければならないのかもしれない。

なお、ポーターJrの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数2197
平均出場時間30.527.2
平均得点13.012.4
平均リバウンド4.4
(キャリアハイ)
3.6
平均アシスト5.94.1
平均スティール1.3
(キャリアハイ)
1.0
平均ターンオーバー4.02.8
FG成功率36.2%
(キャリアワースト)
41.6%
3P成功率32.3%32.3%
フリースロー成功率62.5%
(キャリアワースト)
70.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA