【スポンサーリンク】

デズモンド・ベイン「セルティックスから指名されたことは知らなかった」

デズモンド・ベイン「セルティックスから指名されたことは知らなかった」

メンフィス・グリズリーズのデズモンド・ベインは、NBAキャリア2年目となる今季を飛躍のシーズンとしている。

グリズリーズのスターターに定着し、昨季の倍近い平均得点を叩き出しているベイン。

もしNBAドラフト当日のトレードがなければ今頃ボストン・セルティックスのユニフォームを着てプレイていていただろうが、ベインによると、セルティックスから指名されたことは知らなかったという。

ベインは2020年のNBAドラフトを振り返り、次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

ボストンから指名されたことはまったく知らなかった。

すべてはものすごいスピードで動いていたんだ。

「グリズリーズがデズモンド・ベインを30位でドラフトした」というレポートを見た。

僕はテレビのスクリーンに映る前に、セルティックスではなくグリズリーズの帽子をかぶった。

つまり、最初からずっとグリズリーズの一員だということさ。

ベインによると、NBAドラフト30位の評価は低すぎたと感じたものの、今はそれをモチベーションにしているという。

ジャ・モラントの相棒として台頭し始めたベインは、これから長くモラントと共にグリズリーズを牽引していくことだろう。

なお、ベインの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数6845
平均出場時間22.329.9
平均得点9.217.7
平均リバウンド3.14.4
平均アシスト1.72.4
平均スティール0.61.1
平均ターンオーバー0.91.5
FG成功率46.9%47.0%
3P成功率43.2%42.0%
フリースロー成功率81.6%88.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA