【スポンサーリンク】

ボブ・マイヤーズGMがケビン・デュラント獲得後の優勝について「喜びを得られなかった

ボブ・マイヤーズGMがケビン・デュラント獲得後の優勝について「喜びを得られなかった

ゴールデンステイト・ウォリアーズは2015-16シーズンのNBAファイナルでクリーブランド・キャバリアーズに歴史的な逆転劇を許した後、スーパースターのケビン・デュラント獲得に成功した。

デュラント、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンという強力なラインアップが揃ったウォリアーズは、翌シーズンのファイナルでキャブスに4勝1敗で勝利し、リベンジに成功。

さらに翌シーズンも圧倒的な強さを見せ、ファイナルでキャブスをスウィープし、連覇を達成した。

だが、あまりに強力なラインアップだったため、ゼネラルマネージャーのボブ・マイヤーズはチームの成績を当然のものとして見ていたようだ。

マイヤーズGMによると、デュラント獲得後の優勝には喜びを感じなかったという。マイヤーズGMのコメントをESPNが伝えている。

ケビンとの2度目の優勝の後、「やるべきことをやっただけだ。素晴らしい仕事をした」という感じだった。

喜びを感じなかったんだ。

誰のせいでもないよ。

どんなことにも重みというものがあると思う。

(マイケル・ジョーダン時代のシカゴ・ブルズには)あらゆるものに重みがあり、人間関係に重みがあったはずさ。

ウォリアーズは1990年代のブルズのようにスリーピートの期待がかかっていた。

だが、スリーピートを狙った昨季のファイナルでデュラントがアキレス腱断裂で、クレイ・トンプソンが前十字靭帯断裂で離脱。

そしてデュラントを失った今季は厳しい戦いを強いられ、タイトルコンテンダーだったチームは一転、リーグワーストのチームとなってしまった。

ただ、トンプソンが復帰する来季はタイトルコンテンダーとしての強さを取り戻すだろう。

ウォリアーズは天国から地獄に落とされただけに、来季優勝することができれば最高の喜びを感じられるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA