【スポンサーリンク】

チャニング・フライ「マイケル・ジョーダンの仕事はひとつだけ」

チャニング・フライ「マイケル・ジョーダンの仕事はひとつだけ」

NBA史上最も偉大なプレイヤー、つまりGOATは誰なのかという議論が活発に交わされている。

多くのコメンテイターやファンがマイケル・ジョーダンを挙げる中、元NBAプレイヤーのチャニング・フライはレブロン・ジェイムスがGOATであると主張した。

フライは先日、「ジョーダンは史上最高だが、もしリングの数を考慮しないなら、レブロンはあらゆるスタッツを持っている」と発言。

フライのこの発言に批判が集まっているというが、フライによると、ジョーダンのプレイスタイルは現在のNBAプレイヤーたちに好まれないという。フライのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

彼の仕事は本当にひとつだけだった。

それはただスコアリングすることだ。

その仕事においては素晴らしかった。

だが、当時の彼の勝ちに導く方法は今には合わないんじゃないかな。

皆は彼とプレイしたくないと思うだろうね。

フライによると、ジョーダンはスコアリングに特化した一方で、ジェイムスはゲームメイクやリバウンドなどオールラウンドなパフォーマンスを見せているため、ジェイムスのほうがGOATにふさわしいという。

フライはクリーブランド・キャバリアーズでチームメイトとしてジェイムスとプレイした経験があるため、ジェイムスに偏っているのかもしれない。

なお、フライはチャンピオンリングの数を考慮して決めるなら「ビル・ラッセルを議論に加えるべき」と主張している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA