【スポンサーリンク】

ラウリ・マルカネン トレードを要求?

2017年のドラフト7位でNBA入りしたラウリ・マルカネンは、シカゴ・ブルズを再建に導く重要なプレイヤーのひとりとして見られていた。

キャリア2年目の昨季まで、それを証明するパフォーマンスを繰り広げたと言えるであろう。

だが、キャリア3年目となる今季は難しい時間を強いられている。

その不満は、ブルズの組織に向かっているのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ブルズの組織が方針を転換しないのであれば、マルカネンはトレードを要求する可能性があるという。

ブルズは現在、新たなゼネラルマネージャーを探している。

組織の内部ではなく、外部から招聘すると報じられているが、新たに就任するゼネラルマネージャーによっては、ブルズの方針が大きく転換する可能性も十分あるだろう。

ブルズは中断期間中に新ゼネラルマネージャーを決定し、ドラフトとオフシーズンに備えたいところだ。

なお、ブルズはインディアナ・ペイサーズのチャド・ブキャナンGMに興味を持っていたものの、ブキャナンGMはブルズからの面談オファーを断ったと報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA