【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー ドレイモンド・グリーン「TV向きの顔がない」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは先日、チャールズ・バークレーの「トリプルシングルス」というディスに対し、「俺が仕事を奪う前に止めたほうがいい」、「彼は賢くないし、質が伴ってない。チャンピオンリングも持ってない」と反撃した。

グリーンとバークレーは以前からビーフを繰り広げており、止まる気配はまったく見られない。

今回もグリーンの反撃にバークレーが応じたようだ。

グリーンのコメントを受け、バークレーは次のように指摘。TMZ Sportsが伝えている。

「彼は良いプレイヤーであり、素晴らしい男だと思うよ。俺は彼に絡むのが好きなんだ。彼はラジオ向きの完璧な顔を得たよね」

「彼はTV向きの顔を持ってない。仕事はできるかもしれない。だけど、彼はテレビ用の顔を持ってないんだ」

バークレーとグリーンのディスり合いは、もはやエンターテインメント化している。

多くのファンは彼らのビーフを傍観し、楽しんでいることであろう。

グリーンが現役を引退した後は、バークレーとの対談を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA