【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディがブラッドリー・ビールの去就について「彼が彼自身のために決定する」

スペンサー・ディンウィディがブラッドリー・ビールの去就について「彼が彼自身のために決定する」

NBA屈指のスコアラーであるワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、NBAドラフト前までにトレードを要求するか否か決断すると報じられた。

だが、NBAドラフト前までに決断を下さなかった。

これにより、ビールは来季もウィザーズのユニフォームを着てプレイすると思われれるが、まだ決まったわけではない。

ウィザーズはこのオフシーズン中にスペンサー・ディンウィディ、カイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレル、アーロン・ホリデーを獲得したものの、NBAタイトルを狙えるレベルにはないという見方が一般的だ。

NBAチャンピオンを切望するビールがロスターに満足していなければ、トレードを要求する可能性はある。

そんな中、ディンウィディがビールの去就に言及した模様。ディンウィディのコメントをNBC Sports Washingtonが伝えている。

彼(ビール)とは話をしたよ。

彼には彼の考えがあるし、彼は彼自身のために決定する。

だから、彼のプランや今後について僕が話すことはできない。

僕自身は僕たちにチャンスがあると思っているよ。

ディンウィディによると、ビールがウィザーズに残留する場合、コート上ではビールのプレイを邪魔せず、必要な時に助けることが彼の仕事だという。

果たしてビールはいま何を思い、どう行動しようとしているのだろうか?

いずれにせよ、もしビールがトレードを要求した場合、NBAの勢力図を変えるトレードが行われることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA