【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「腹を割って話し合わなければならない」

アンソニー・デイビス「腹を割って話し合わなければならない」

レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックなどNBAスターたちを擁するロサンゼルス・レイカーズは、今季のNBAチャンピオン最有力候補の1チームだ。

だが、NBAタイトル獲得を期待させるようなパフォーマンスを見せることができず、現地12日には再建中のミネソタ・ティンバーウルブズに惨敗した。

今季のレイカーズは第3Qが弱い傾向にあるが、ジェイムス不在のレイカーズを牽引するデイビスによると、レイカーズの選手たちは一度腹を割って話し合わなければならないという。デイビスのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕たちにできていないことのひとつは、指摘することだ。

「君の責任だった」、「このプレイは君の責任だった」とね。

僕たちはまとまらなければならなかったし、これからもそうだ。

だが、映像を見て学ばなければならない。

映像を見ることにより、こういった類のゲームについて腹を割って話し合えるだろう。

このような気分になるのは嫌だからね。

もちろん負けることはある。

誰でも負けることはある。

だが、正しいことをやらなければならない。

自分たちのせいでダメにしてしまうのはフラストレーションが溜まるんだ。

NBAチャンピオンになるチームは第3Qに真価を発揮すると言われている。

今季のレイカーズの第3Qの失点はNBAワーストであり、ここを改善しない限り、レイカーズがNBAタイトルを勝ち取ることはできないだろう。

果たしてレイカーズは腹を割って話し合い、問題点を見つけることができるのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA