【スポンサーリンク】

シクサーズがジェイムス・ハーデンと再契約か?

シクサーズがジェイムス・ハーデンと再契約か?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスター、ジェイムス・ハーデンは、NBAプレイオフを通して十分なパフォーマンスを見せることができなかった。

マイアミ・ヒートとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第5戦と第6戦は第4Qで無得点に終わり、チームメイトのジョエル・エンビードから「もはやヒューストン・ロケッツ時代のジェイムス・ハーデンではない」と酷評されたハーデン。

だが、少なくともシクサーズの組織はハーデンを残留させるべく動くようだ。

シクサーズのバスケットボール・オペレーション部門代表を務めるダリル・モレーはハーデンの去就について質問されると、次のように答えたという。RealGMが伝えている。

我々の計画は彼が戻ってくることだ。

トレードで獲得して以来の計画だ。

彼の陣営と話をしなければならないのは分かっている。

我々はどうやってうまくいかせるかを話し合うだろう。

ハーデンはヒートとの第6戦を終えた後、「僕はここに残る」と明言し、マックス契約以下を受け入れることを示唆した。

シクサーズとしてもハーデンのサラリーを抑え、ロスターの補強に資金を使いたいところだろう。

ハーデンは契約金額より契約年数を重視すると噂されているが、ハーデンのNBAプレイオフでのパフォーマンスを受け、シクサーズがどう判断するのか注目が集まるところだ。

なお、ハーデンが来季のプレイヤーオプションを破棄してFAになるのか、それともオプションを行使するかは明らかになっていない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA