【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがピストンズ戦のラインアップについての質問に「はっきりさせておこう」

ドック・リバースHCがピストンズ戦のラインアップについての質問に「はっきりさせておこう」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのドック・リバースHCは現地10日に行われたデトロイト・ピストンズ戦で、元NBAオールスターセンターのディアンドレ・ジョーダンを先発起用した。

NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードが欠場したこれまで試合はポール・リードの出場時間が増加していたものの、この日はリードよりジョーダンのほうが長くプレイした。

いつもとは異なる起用法だったため、不思議に感じたシクサーズファンは少なくないだろう。

この件について指揮官のドック・リバースHCが説明した模様。fadeawayworld.netが伝えている。

この件で頭を悩ませている皆のために、もう一度はっきりさせておこう。

スモールラインアップの時はポールを起用し、スモールボールでプレイする。

ビッグラインアップの時はDJを起用し、ビッグボールでプレイする。

分かったかい?

ここ数試合の我々のプレイを見てみてくれ。

彼らが5番にビッグマンを起用してきたから、ビッグマンにDJを当てたかった。

なぜなら、ファウルの問題があるからね。

理解してくれたかい?

リバースはNBAプレイオフでの経験が豊富なヘッドコーチのひとりだが、大逆転負けを喫したことも少なくない。

もしシクサーズが期待された結果を残せなかった場合、シクサーズはリバースHCと決別すると噂されている中、果たしてリバースはNBAプレイオフで名采配を振ることができるだろうか?

なお、ピストンズ戦のジョーダンとリードのスタッツは以下の通りとなっている。

D・ジョーダンP・リード
出場時間23:0920:52
得点825
リバウンド116
アシスト12
スティール04
ブロックショット11
ターンオーバー00
FG成功率66.7%
(4/6)
85.7%
(12/14)
フリースロー成功率0%
(0/2)
100%
(1/1)
+/--14+30

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA