【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードが腹筋の怪我をおして東京オリンピック金メダル獲得に貢献

デイミアン・リラードが腹筋の怪我をおして東京オリンピック金メダル獲得に貢献

NBAを代表するスター選手たちを擁したチームUSAは、東京オリンピックで金メダルを獲得した。

東京オリンピック前のエキシビジョンゲームではナイジェリア代表とオーストラリア代表に敗れ、東京オリンピック本戦ではフランス代表に敗れるなど金メダル獲得が危ぶまれたチームUSA。

そのような状況もあり、ポートランド・トレイルブレイザーズデイミアン・リラードはチームUSAの金メダル獲得になんとしても貢献したいと考えていたのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、リラードは腹筋を怪我しているにも関わらずプレイし続け、チームUSAの金メダル獲得に貢献したという。

リラードはオーストラリア代表との準決勝戦で約17分間の出場にとどまった。

だが、フランス代表との決勝戦で約27分間プレイしていることから、腹筋の怪我は深刻な状態ではないと見られている。

リラードはアメリカ帰国後に検査を受ける見込みだというが、大きな怪我ではないことを祈りたいところだ。

なお、リラードの東京オリンピックのスタッツは以下の通りとなっている。

東京オリンピック
出場試合数6
平均出場時間24.0
平均得点11.2
平均リバウンド2.7
平均アシスト3.2
平均スティール0.5
平均ターンオーバー1.3
FG成功率38.3%
(23/60)
3P成功率34.8%
(16/46)
フリースロー成功率55.6%
(5/9)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA