【スポンサーリンク】

ラプターズのボビー・ウェブスターGM「ゴーラン・ドラギッチはここに残したい」

ラプターズのボビー・ウェブスターGM「ゴーラン・ドラギッチはここに残したい」

トロント・ラプターズは先日、元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーをトレードで放出した。

このトレードで若手ビッグマンのプレシャス・アチウワとベテランポイントガードのゴーラン・ドラギッチを獲得したわけだが、ドラギッチにはさらなるトレードの噂が浮上。

ラプターズはドラギッチをトレード要員とし、若手有望株もしくはNBAドラフト指名権獲得を狙うとされているが、ドラギッチはラプターズの一員としてNBA2021-22シーズンの開幕を迎えることになるかもしれない。

ラプターズのゼネラルマネージャーを務めるボビー・ウェブスターによると、良いオファーがあれば耳を傾けるものの、現時点ではドラギッチを戦力として考えているという。ウェブスターGMのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

断るのが難しいほどの良いオファーがあれば、もちろん耳を傾けるだろう。

だが、我々はゴーランにここにいてもらいたいと思っている。

彼はここにいることを喜んでいるよ。

彼は彼自身のために非常に素晴らしいキャリアを切り拓いてきた。

マサイ(・ウジリ球団社長)と話をし、ここの全員と話をし、ゴーランをずっと見てきた。

彼が我々を倒してきたのを多くの人々は知っているよね。

バスケットボール選手として、ベテランとして、彼は我々にたくさんの価値をもたらしてくれるんだ。

ラプターズがドラギッチをトレードで放出する場合、ドラギッチと同郷のルカ・ドンチッチ擁するダラス・マーベリックスが獲得に動くと見られている。

だが、ラプターズはよほどの資産とのトレードでなければ応じないかもしれない。

FA市場とトレード市場はまだ続くが、ドラギッチはラプターズの一員としてプレイすることになりそうだ。

なお、ドラギッチの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数50867
平均出場時間26.728.0
平均得点13.413.9
平均リバウンド3.43.1
平均アシスト4.44.8
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー2.42.3
FG成功率43.2%46.2%
3P成功率37.3%36.4%
フリースロー成功率82.8%
(キャリアハイ)
76.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA