【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールがFAについて「大学の勧誘を思い出す」

ブラッドリー・ビールがFAについて「大学の勧誘を思い出す」

ワシントン・ウィザーズのNBAスター、ブラッドリー・ビールは、この夏にオプションを破棄してFAになると見られている。

ビールはウィザーズと5年の大型契約を結ぶことができるが、他チーム移籍の噂がないわけでもない。

だが、ビールはウィザーズとの再契約を誓い、他チームからの勧誘を楽しもうとしているのかもしれない。

ビールはFAについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

僕はすべてを受け入れる。

(移籍の)噂に動揺はしていない。

他のチームが僕を求めていることにも動揺していない。

良いことじゃないかな?

僕たちが仕事をし、今いる場所だけでなく多くの人々から求められているということだからね。

おもしろい。

僕はフリーエージェントになったことがない。

大学の勧誘を思い出すよ。

試合のたびに勧誘の言葉を聞くようなものだ。

僕は誰かにタグ付けされている。

他の選手だろうと、コーチだろうと、誰であろうと、皆は「B、この夏はどうしたいんだ?この夏はどうするんだ?」というような感じさ。

ビールにはフィラデルフィア・セブンティシクサーズやマイアミ・ヒートなど多くのNBAタイトルコンテンダーが関心を持っていると噂されている。

だが、ビールとウィザーズは互いを信頼しあっており、おそらく再契約は実現するだろう。

いずれにせよ、ウィザーズのフロントオフィスがどのようなロスターを構築するのか楽しみにしたいところだ。

なお、ビールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数40645
平均出場時間36.034.8
平均得点23.222.1
平均リバウンド4.74.1
平均アシスト6.6
(キャリアハイ)
4.2
平均スティール0.9
(キャリアワーストタイ)
1.1
平均ターンオーバー3.42.4
FG成功率45.1%45.6%
3P成功率30.0%
(キャリアワースト)
37.2%
フリースロー成功率83.3%82.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA