【スポンサーリンク】

スティーブン・A・スミスがレブロン・ジェイムスにレブロン・ジェイムスに「ふざけるな」

スティーブン・A・スミスがレブロン・ジェイムスにレブロン・ジェイムスに「ふざけるな」

NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックを擁するロサンゼルス・レイカーズは、NBAタイトル獲得はもちろんNBAプレイオフ進出さえ叶えることができなかった。

今季のレイカーズはジェイムスやデイビスなど主力選手たちの怪我に苦しめられたものの、全体的に見れば失敗のシーズンだったと言えるだろう。

だが、ジェイムスは今季終了後のインタビューで、「失敗ではない。僕たちは毎日ハードに働き、努力した。結果が出なかっただけであり、失敗ではない」と語った。

NBAコメンテイターのスティーブン・A・スミスは、ジェイムスのこの発言が許せなかった模様。

fadeawayworld.netによると、スミスはジェイムスの発言を受け、次のように批判したという。

やめてくれ、レブロン。

ブロン、(息子の)ブロニーが見ているぞ。

君の家族が見ているぞ。

バスケットボール界が見ているぞ。

どうやったらそんな真実ではないことを言えるんだ?

やめてくれ。

君はもっとうまくやれるはずだ。

レブロン・ジェイムスはこのゲーム史上最も偉大な選手のひとりだ。

ブラザー、君がいなくなると僕たちは悲しむだろう。

このリーグで19年目、平均30得点。

君は全力でプレイした。

君はロサンゼルス・レイカーズの一員として勝率50%に16ゲーム足りずにシーズンを終えた。

君は優勝するためにレイカーズに来た。

過去の偉人たちがやったことと同じことをするために来た。

コービー、シャック、その他の選手たち。

君は勝率50%に16ゲーム足りなかった。

各カンファレンス8チームから10チームになったプレイオフのシステムにおいて、君はプレイオフさえ逃した。

それが失敗ではなかったって?

ふざけるな。

レイカーズはシーズンを終えた後、2020年にチームをNBAチャンピオンに導いたフランク・ボーゲルを解雇した。

また、この夏はロスターを再編する見込みであり、レイカーズにとって今季が失敗のシーズンだったのは明らかだろう。

とはいえ、結果が変わることはない。

レイカーズの大黒柱であるジェイムスとデイビスは今季の結果を過去のものとし、来季のリベンジを誓っているに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA