【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールがラッセル・ウェストブルックから学んだこととは?

ブラッドリー・ビールがラッセル・ウェストブルックから学んだこととは?

NBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックは、このオフシーズン中のトレードでワシントン・ウィザーズからロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

ウェストブルックはウィザーズの一員として素晴らしいシーズンを送ったものの、わずか1年で去ることになってしまったわけだが、強烈なリーダーシップを持つウェストブルックはブラッドリー・ビールに大きな影響をもたらしたのかもしれない。

ウィザーズのゼネラルマネージャーを務めるトミー・シェパードによると、ビールはロッカールームでこれまで以上に声を出すようになり、若手たちに対しても我慢強くなったという。シェパードGMのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

彼はチームメイトたちにこれまで以上に寄り添い、ポイントを伝えていくだろう。

彼は決して大声で叫ぶようなタイプではない。

だが、彼が声を上げると、間違いなく全員が耳を傾ける。

彼が成長しているのが分かるよね。

彼は何が必要なのかを見極め、行動に移しているんじゃないかな。

ラスは非常に声を出す男だった。

ラスはもうここにはいない。

だから、ブラッドリーはロッカールームでアジャストし、「僕はこれまでよりもう少し声を出さなければならない」と言ったのだと思うよ。

彼はそれをやってくれている。

彼は自ら考え、自らやっているんだ。

ビールにはこれまでジョン・ウォールとウェストブルックという頼れる相棒がいた。

だが、これからのウィザーズはビールが中心となって牽引しなければならない。

ビールはウェストブルックから学んだことをロッカールームで発揮し、強い意志でウィザーズを牽引していくだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA