【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスが試合前に聴く音楽とは?

レブロン・ジェイムスが試合前に聴く音楽とは?

NBA選手の中には、試合に向けて集中力を高めるために音楽を聴く選手もいる。

多くのNBA選手はヒップホップを好んで聴くというが、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスはヒップホップだけでなくさまざまなジャンルの音楽を聴くという。

ジェイムスは試合前のルーティンについて質問されると、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は試合開始5時間前にアリーナに入る。

それからウェイトルームに行くのだが、ウェイトルームではヒップホップしか聴かない。

DMXかな。

最近はDMXをよく聴いている。

ウェイトルームを出たら、試合に向けて落ち着かなければならない。

その時はオールドスクールのジャズやベートーベン、クラッシック音楽を聴いている。

試合開始45分から60分前くらいになると、またヒップホップを聴き始めるんだ。

ジャズやクラッシック音楽で精神を整え、ヒップホップでテンションを高めるというジェイムス。

ジェイムスが37歳の今もNBAトップレベルのパフォーマンスを維持できているのは、音楽の影響も大きいのかもしれない。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数461356
平均出場時間36.838.2
平均得点29.427.1
平均リバウンド8.17.5
平均アシスト6.27.4
平均スティール1.51.6
平均ブロックショット1.00.8
平均ターンオーバー3.43.5
FG成功率52.2%50.5%
3P成功率35.4%34.5%
フリースロー成功率76.4%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA