【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス「MVP候補に挙がることはレイカーズが勝っているということ」

レブロン・ジェイムス「MVP候補に挙がることはレイカーズが勝っているということ」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは、37歳という年齢にも関わらず衰え知らずのパフォーマンスを続けている。

ここ最近は30得点以上を連発し、ジェイムスをMVPに推す声が高まってきているというが、ジェイムスもそれを歓迎している模様。

ジェイムスによると、MVP候補に名が挙がるのはチームが勝利していることを意味するという。ジェイムスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

MVP候補に名が挙がるということは、チームが勝利し、かつ勝利に導くレベルでプレイしていることを意味すると思う。

だから、僕の名前がMVP議論の中で出るようになったら嬉しい。

レイカーズが勝っているということだからね。

それこそ僕が望んでいることであり、気にかけていることさ。

僕は自分が何をもたらせるかを分かっている。

僕にできることを分かっている。

だが、僕は勝利という結果が欲しい。

常にそう考えているんだ。

今季のレイカーズは主力選手たちの負傷離脱やNBAの健康と安全プロトコルによる離脱に苦しめられたものの、ようやうラインアップが戻りつつある。

それでもジェイムスには大きな役割が求められるだろうが、ジェイムスはMVP最有力候補のひとりとなり、レイカーズを勝利のチャンスを掴めるポジションに導くに違いない。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数271337
平均出場時間36.938.2
平均得点28.627.0
平均リバウンド7.47.4
平均アシスト6.57.4
平均スティール1.71.6
平均ブロックショット1.1
(キャリアハイタイ)
0.8
平均ターンオーバー3.33.5
FG成功率52.0%50.4%
3P成功率37.0%34.6%
フリースロー成功率77.3%
(キャリアハイ)
73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA