【スポンサーリンク】

レイカーズ復帰のウェイン・エリントン「チームのことを第一に考える」

レイカーズ復帰のウェイン・エリントン「チームのことを第一に考える」

NBAタイトル奪還を狙うロサンゼルス・レイカーズは、このオフシーズン中にロスターを刷新した。

ラッセル・ウェストブルックやカーメロ・アンソニー、ドワイト・ハワードなど経験と実績ある選手たちを中心に獲得し、このオフシーズンで最も注目を集めるNBAチームとなったレイカーズ。

昨季と比較するとベンチ層が厚くなったため、チーム内で熾烈な競争が繰り広げられるだろう。

だが、レイカーズに復帰したウェイン・エリントンによると、出場機会を勝ち取ることではなく、チームのことを第一に考えることが重要だという。エリントンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

チームのことを第一に考え、求められる役割をこなすための準備をする。

僕はあらゆる状況を経験してきた。

ベンチから出場することがあれば、スターターとして出場することもあった。

出場時間が短い時もあったし、長い時もあった。

準備はできているよ。

あらゆることに備えている。

だからチームのことを第一に考える限り、優勝するのを助けるというマインドセットを持っている限り、その目標をリストのトップにしている限り、僕たちは大丈夫さ。

レイカーズのロスターで先発出場が確定しているのは、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ウェストブルックのみだ。

エリントンは2番のポジションで先発出場する可能性があると報じられているが、ジェイムスやウェストブルックといったアシストマシーンがいるレイカーズにおいて、アウトサイドシュートを得意とするエリントンは大きな戦力になるだろう。

長い出場時間を得ることは難しいと思われるものの、コートに立った際はアウトサイドシュートでレイカーズを救ってもらいたいところだ。

なお、エリントンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数46727
平均出場時間22.021.0
平均得点9.68.1
平均リバウンド1.82.2
平均アシスト1.51.1
平均スティール0.40.5
平均ターンオーバー0.70.7
FG成功率44.1%
(キャリアハイ)
41.0%
3P成功率42.2%38.2%
フリースロー成功率80.0%84.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA