【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスがケビン・デュラントのトレード要求について「信じない」

ケンドリック・パーキンスがケビン・デュラントのトレード要求について「信じない」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターフォワード、ケビン・デュラントは先日、トレードを要求したと報じられた。

親友のカイリー・アービングが来季のプレイヤーオプションを行使した数時間後にトレードを要求したため、NBA界隈に激震が走ったわけだが、オクラホマシティ・サンダー時代にデュラントとともにプレイしたケンドリック・パーキンスによると、デュラントのトレード要求はアービングを助けるための戦略だという。

パーキンスはデュラントのトレード要求について次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

なぜKDが(ネッツを)去るんだ?

サイン&トレードを探すと見られていたカイリーが、なぜ突然契約をオプトインしたんだ?

すべてが突然だ。

カイリーが契約をオプトインし、すぐにケビン・デュラントが「トレードしてほしい」と言った。

僕はケビン・デュラントを信じないという結論に達した。

この件についてはまったく信じていない。

彼が現時点でトレードを望むなんて、まったく意味がない。

ケビン・デュラントはカイリー・アービングがブルックリン・ネッツと長期契約を結ぶのを助けるため、脅しの戦略を用いていると思うんだ。

もしネッツがアービングと長期契約を結べば、デュラントがトレード要求を撤回し、アービングとともにネッツの一員としてプレイし続ける可能性はある。

では、世間はデュラントとアービングにただ踊らされているだけなのだろうか?

デュラントとアービングのトレードには少なくとも数週間以上かかると噂されているが、果たしてどのような結果が待ち受けているのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA