【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンがカイリー・アービングに「チームの一員になってほしい」

ジェイムス・ハーデンがカイリー・アービングに「チームの一員になってほしい」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターガード、カイリー・アービングは、予防接種を受けていないと見られている。

この状況が続いた場合、アービングはホームでの練習と試合、およびニューヨーク・ニックスとのロードゲームに出場できない可能性があるという。

ネッツにはケビン・デュラントやジェイムス・ハーデンなどNBA屈指の選手が揃っているため、チームとして大きく崩れることはないだろう。

だが、より高みを目指すにはアービングの力が不可欠であり、ハーデンもそれを望んでいる模様。

ハーデンはアービングについて以下のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼にはチームの一員になってほしい。

彼がいると、僕たちはより脅威のチームになるんだ。

ワクチンのことについては彼と話していない。

だが、僕はこの状況が解決することを願っている。

彼のことはサポートしているよ。

ネッツのフロントオフィスや選手たちは、「アービングにチームの一員になってほしい」と口を揃えているが、それと同時にアービングの決断を支持するともしている。

一方、「アービングはネッツを出たがっているからワクチンを接種しない」という声もちらほら出始めている模様。

だが、アービングとデュラントの友情は誰もが知るところであり、アービングがネッツからの離脱を望むことはないだろう。

いずれにせよ、アービングの決断に注目が集まるところだ。

なお、アービングは現地8日にホームで行われるミルウォーキー・バックスとのNBAプレシーズンゲームには出場しない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA