【スポンサーリンク】

レイカーズで5番目の高給取りはあの元NBA選手

レイカーズで5番目の高給取りはあの元NBA選手

ロサンゼルス・レイカーズはNBAオールスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックを中心としたチームだ。

その他にもカーメロ・アンソニーやドワイト・ハワード、ラジョン・ロンドなど経験と実績あるベテラン選手たちを揃え、NBAタイトル奪還を狙えるロスターに仕上がったわけだが、もし2019年に引退した選手とのサラリー問題がなければ、資金をもっと使うことができていたのかもしれない。

sportscasting.comによると、NBA2021-22シーズンのレイカーズで5番目の高給取りは、元NBA選手のルオル・デンだという。

デンは2016年にレイカーズと4年7200万ドルの大型契約を結んだ。

だが、すでに衰えが見え始めていたデンは十分なパフォーマンスを発揮できず、レイカーズは2017-18シーズン終了後にデンを解雇。

FA市場で有力選手獲得を狙っていたレイカーズは、キャップスペースに余裕を持たせるためにデンの残りのサラリーを3年に分けて支払うことを決定した。

レイカーズは昨年、デンの怪我を理由に支払いを帳消しにするようNBAに申請したものの、デンはレイカーズを去った後にミネソタ・ティンバーウルブズでプレイしたため、申請は却下された。

なお、今季のデンは昨季と同額の500万ドルをレイカーズから受け取ることになる。

今季のレイカーズの選手たちのサラリーは以下の通りだ。

選手名2021-22シーズンのサラリー
ラッセル・ウェストブルック44,211,146ドル
レブロン・ジェイムス41,180,544ドル
アンソニー・デイビス35,361,360ドル
テイレン・ホートン・タッカー9,500,000ドル
ルオル・デン5,000,000ドル
ケンドリック・ナン5,000,000ドル
カーメロ・アンソニー2,641,691ドル
トレバー・アリーザ2,641,691ドル
ウェイン・エリントン2,641,691ドル
ドワイト・ハワード2,641,691ドル
ディアンドレ・ジョーダン2,641,691ドル
ラジョン・ロンド2,641,691ドル
ケント・ベイズモア2,401,537ドル
マリク・モンク1,789,256ドル
チョンディー・ブラウン925,258ドル
マック・マクラング925,258ドル
キャメロン・オリバー925,258ドル
ジョエル・アヤイ462,629ドル
オースティン・リーブス462,629ドル

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA