【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「NBA最大のトラッシュトーカーはケビン・デュラント」

ドレイモンド・グリーン「NBA最大のトラッシュトーカーはケビン・デュラント」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、NBA屈指のトラッシュトーカーとしても知られている。

常に感情をむき出しにして向かってくるグリーンを嫌がるNBA選手も少なくないだろう。

では、そのグリーンから見たNBA最大のトラッシュトーカーは誰なのだろうか?

グリーンによると、今のNBAで最大のトラッシュトーカーは、かつてのチームメイトであるケビン・デュラントだという。グリーンコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

彼はTwitter通していろいろ言っているから、君たちも分かり始めているんじゃないかな。

僕はずっと言っている。

KDが最大のトラッシュトーカーだとね。

彼は「こいつは誰だ?」といったような失礼なことをする。

KDは相手を振り向かせ、ジャージーの背中にある名前を見ようとしたりするんだ。

KDに何か言われると、「君はケビン・デュラントだ。言い返せることはほとんど何もない」といった感じさ。

もし僕以外で(トラッシュトーカーを)選ぶなら、間違いなくKDと言わなければならないね。

トラッシュトーカーのNBA選手を挙げるなら、真っ先に思い浮かぶのはグリーンやミネソタ・ティンバーウルブズのパトリック・ビバリー、マイアミ・ヒートのPJ・タッカー、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビード、フェニックス・サンズのジェイ・クラウダーあたりだろう。

だが、彼らもデュラントのトラッシュトークに苦労させられているに違いない。

SNSを通して積極的に自分の考えを発信するデュラントに絡むなら、やり返されることを覚悟したほうが良さそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA