【スポンサーリンク】

ドウェイン・ケーシーHC「アイザイア・スチュワートに罰則を科すべきではない」

ドウェイン・ケーシーHC「アイザイア・スチュワートに罰則を科すべきではない」

NBAキャリア2年目を迎えているデトロイト・ピストンズのアイザイア・スチュワートは現地21日、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスと激しい口論を繰り広げた。

その結果、スチュワートは2度のテクニカルファウルで、ジェイムスはフレイグラントファウル2で退場処分となったわけだが、NBAはスチュワートとジェイムスに出場停止処分、もしくは罰金処分を科す可能性がある。

だが、ピストンズを指揮するドウェイン・ケーシーHCによると、NBAはスチュワートに追加の処分を科すべきではないという。

ケーシーHCはスチュワートについて以下のようにコメント。The Detroit Free Pressが伝えている。

彼に処分を科すべきではない。

彼がすぐにコートから出なかったことについては、リーグが判断しなければならない。

彼は額を8針縫った。

彼は気が動転していたし、血が流れていたよね。

彼がコートを離れなかったことを除けば、リーグが彼に何かしらの処分を与えるとは思えない。

コートを離れなかったから退場させられたのだと私は思っている。

処罰は十分に受けたんじゃないかな。

この件で彼の人間性を決めつけてはならない。

彼のゲームを決めつけてはならない。

彼に同情する。

なぜなら、彼は素晴らしいコンペティターであり、すごくハードにプレイしているからね。

彼は素晴らしい若者だ。

彼は眉間にチープな打撃を見舞われたと思っている。

世間では異なる話になっているだろうね。

あれはアイザイア・スチュワートの人間性を示すものではない。

スチュワートは以前、ブルックリン・ネッツのブレイク・グリフィンに対して詰め寄った過去がある。

今回の件を受け、スチュワートにはトラブルメイカーのレッテルが貼られることになりそうだが、果たしてスチュワートは自身の行為をどう受け止めているのだろうか?

なお、スチュワートの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数1684
平均出場時間23.721.8
平均得点7.37.8
平均リバウンド7.16.7
平均アシスト1.10.9
平均スティール0.40.5
平均ブロックショット1.21.3
平均ターンオーバー0.91.0
FG成功率54.5%55.1%
3P成功率11.1%30.6%
フリースロー成功率80.0%70.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA