【スポンサーリンク】

NBAファンはディアンドレ・ジョーダンを称賛?それとも皮肉?

NBAファンはディアンドレ・ジョーダンを称賛?それとも皮肉?

ロサンゼルス・クリッパーズに所属していた当時のディアンドレ・ジョーダンは、NBAを代表するビッグマンのひとりだった。

豪快なダンクと強烈なブロックショットを武器に、クリス・ポールやブレイク・グリフィンと共にクリッパーズをNBAプレイオフ進出に導き続けたジョーダン。

だが、ここ数年のジョーダンは出場機会が減少し、今季はNBAキャリアワーストとなる平均出場時間(13.0分間)にとどまっている。

そんな中、レブロン・ジェイムスとアイザイア・スチュワートを巡る大混乱の中でのジョーダンの立ち振舞が話題になっている。

スチュワートがジェイムスに向かって行こうとする中、ジョーダンは仁王立ちでジェイムスを守り続けた。

NBAファンはジョーダンの仁王立ちを見て、「DJはベストディフェンダー」などとSNS上で盛り上がっているという。

おそらく皮肉の意味が強いのだろうが、屈強な身体を持つジョーダンは相手が誰であろうとチームメイトたちを守るために身を挺すことだろう。

なお、ジョーダンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数15947
平均出場時間13.027.2
平均得点4.99.3
平均リバウンド5.910.5
平均アシスト0.51.0
平均スティール0.30.6
平均ブロックショット0.9
(キャリアワーストタイ)
1.6
平均ターンオーバー0.71.4
FG成功率75.6%67.5%
フリースロー成功率62.5%47.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA