【スポンサーリンク】

カール・アンソニー・タウンズはスーパーマックス契約に値しない?

カール・アンソニー・タウンズはスーパーマックス契約に値しない?

ミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズは、NBAを代表するビッグマンのひとりだ。

インサイドだけでなくアウトサイドでもプレイできるタウンズは、対戦するチームにとって脅威のビッグマンと言えるだろう。

だが、スーパーマックス契約にふさわしいNBA選手としては見られていないのかもしれない。

HoopsHypeによると、あるNBAスカウトはタウンズについて次のように指摘したという。

率直に言うと、私なら彼にスーパーマックスは与えないだろう。

彼がそれに値するとは思えない。

スーパーマックスの男になるにあたり、彼はまだ何も成し遂げていない。

彼はすごく才能ある男さ。

だが、まだ信用できないんだ。

タウンズはNBAキャリア7年を通して大きな実績を残したことがなく、NBAプレーオフも2度しか経験したことがない。

だが、現在26歳のタウンズはこれからますます成長し、スーパーマックス契約に値するNBA選手であることを証明するだろう。

なお、タウンズの契約は2023-24シーズンまで残っている。

タウンズの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りだ。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数746
平均出場時間33.537.0
平均得点24.621.8
平均リバウンド9.810.8
平均アシスト3.62.2
平均スティール1.00.7
平均ブロックショット1.12.0
平均ターンオーバー3.14.5
FG成功率52.9%48.8%
3P成功率41.0%45.5%
フリースロー成功率82.2%86.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    SMAXはそれこそMVP級の選手に出すべき。KATがそのクラスになれるとは到底思えない

  2. By 匿名

    KATにはケビンデュラントルールではなくて普通のMAX契約を5年でオファーするのが限界だね

  3. By 匿名

    正直、同世代のエンビートやヨキッチとかなり差はついた感じ

*

CAPTCHA