【スポンサーリンク】

デイビッド・グリフィンとアルビン・ジェントリーが掴み合いの喧嘩?

デイビッド・グリフィンとアルビン・ジェントリーが掴み合いの喧嘩?

ニューオーリンズ・ペリカンズ・ペリカンズは今季12試合を終えた時点で1勝11敗と、早くも厳しい状況に陥っている。

NBAオールスターのザイオン・ウィリアムソンとブランドン・イングラムが負傷離脱中であることが大きな要因のひとつだろうが、昨季までペリカンズのヘッドコーチを務めたアルビン・ジェントリーにはこうなることが分かっていたのかもしれない。

Bleacher Reportによると、現在サクラメント・キングスでアソシエイトヘッドコーチとして働いているジェントリーは、現地10月29日にペリカンズに勝利した後、グリフィンにアリーナの地下で挨拶されたものの「テストの答えをすべて教えたのに、今の失敗している」と話すと、グリフィンとジェントリーは掴み合いの喧嘩になったという。

グリフィンとジェントリーはフェニックス・サンズ時代に知り合い、グリフィンが2019年にペリカンズのバスケットボールオペレーション部門代表に就任するにあたり、当時ペリカンズのヘッドコーチを務めていたジェントリーは大きな役割を果たしていた。

だが、ペリカンズは昨季終了後にジェントリーを解雇。

ジェントリーとしては裏切られた気分になっていたのかもしれない。

とはいえ、いい大人の掴み合いの喧嘩は見ていられるものではない。

なお、ペリカンズの現状を受け、グリフィンには解雇の噂が浮上している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA